千里丘 育みの景

ロハスなライフスタイルを発信する
千里丘らしいカフェに癒やされて。

居心地の良さと自然派メニュー、
温かいおもてなしで人気の”千里丘のリビングルーム”。
実は全くの異業種によるプロデュースって、
知っていました?

ロハスカフェ

体と環境にやさしいライフスタイル「ロハス」を取り入れた空間とお料理が人気のカフェ。北摂を中心とした地域情報紙シティライフのプロデュースにより、地域性を守りつつ新たな試みを目指すコミュニティ拠点としても活用されている。

住所
摂津市千里丘1丁目13-23
電話番号
06-6155-6830
営業時間
モーニング 8:30~10:30
ランチタイム 11:30~16:00
(L.O 15:30)
定休日
日曜、祝日

地域情報紙がプロデュース
その出発点はイベントから

ロハスカフェは北摂エリアを中心にした地域情報紙、シティライフのプロデュースです。創刊から30年以上、この地域に親しまれている情報誌がカフェをはじめたきっかけは…なぜだと思います?

昔からシティライフでは環境に関するテーマを採り上げ、もっと関心を持ってもらいたいと2006年に万博公園でロハスフェスタというイベントをはじめたんです。すると、多くの方々にご来場いただき、大変好評だったのですね。

ならば地域のみなさまにロハスなスタイルにより親しんでもらうべく、少しでも体と環境によいものを提供するカフェはどうだろうというアイデアが出て。このビルの2階に編集室があるのですが、ちょうどその頃ここが空き店舗になっていて、ならばスタッフが利用するのにもちょうどいいと、社員食堂も兼ねてオープンしました。

ママ友の集うお茶会も
男性お一人様のランチも

オープンして10年ほどになりますが、いまも昔もお客様は近所の方が多いですね。このあたりの方々は意識が高いのか、ロハスというコンセプトが伝わっていると実感しています。

朝はモーニングをご用意していますが、ご年配の方が多いように思います。ランチタイムは主婦が多く、気の合うお友だちと仲良くテーブルを囲んでお召し上がりいただいています。一方で男性一人で来られるお客様もわりといらっしゃるんです。メニューがお野菜中心でヘルシーなので、健康に気を配られている男性に喜んでいただいているんですよ。

昼下がりは男女問わず、読書や休憩など一人でゆっくり過ごされる方をよくお見かけしますが、ママ友の集まりや地域のグループのご利用も多いですよ。世代や性別を問わず、いろいろな方々に気軽にご来店いただけると嬉しいです。

この街のオアシスを
コミュニティの拠点としても

今後もこれまで通り、木の温もりと緑に包まれたオアシスのような空間で、ナチュラルな素材を使った心と体にやさしいメニューを召し上がっていただけるお店でありたいと思います。

でも、カフェとしてはもちろんですが、セミナーや教室などにもぜひご利用していただきたいですね。社員食堂用のスペースはお昼時しか使用しないので、例えばクラフトのワークショップの場として提供するなど、ここが地域のコミュニティの拠点のようなフリースペースになればいいなと思います。

また、お店にとどまらず積極的に外へも出て行きたいですね。シティライフはロハスフェスタ以外にも、ラーメンEXPOやカレーEXPOなど万博公園でのグルメイベントをいろいろと主催していますが、ロハスカフェもブースを出しています。今後もイベントへの出店を続けて、地域を盛り上げていきたいです。

Other Interview

※掲載の写真は、2020年1月に撮影したものです。
※掲載施設の調査は、2020年1月に実施したもので変更される場合があります。

資料請求

来場予約

お問い合わせ

物件概要